「春日部みどりのPARK」2022年春頃 埼玉県春日部市「旧富多小学校跡地」に誕生。

本イメージCG動画は、あくまでも完成予想であり、保証されるものではありません。実現段階での軽微な変更等が発生する場合があります。



春日部みどりのPARKとは

「旧富多小学校跡地活用」に関わる事業について私達「春日部みどりのPARK共同事業体」は以下の通りの事業計画で、2022年春頃のグランドオープンに向け準備を開始します。

旧富多小学校跡地の既存建物、地域の豊かな歴史・文化資源や、田園・河川などの自然資源などを活かし、地域の環境を損なうことなく、次世代農業やロボティクスの研究を通して魅力や賑わいを創出し、地域の活性化にも寄与する事業です。

 

■事業の名称 「春日部みどりのPARK」・・・未来型総合農業&ロボティクス研究所

 

■事業にあたる構成員

代表構成員 氏 名 株式会社JPP 代表取締役 伊 藤 康 介      住 所 埼玉県川口市安行原796番地1

構成員 氏 名 但馬米穀株式会社 代表取締役 木 村 嘉 男       住 所 兵庫県豊岡市中陰318番地の3

構成員 氏 名 株式会社積木製作 代表取締役 城 戸 太 郎       住 所 東京都東京都中央区新富町一丁目5番5号

構成員 氏 名 株式会社セキドパートナーズ 代表取締役 大 下 貴 之  住 所 東京都港区西新橋2丁目35番5号

 

■事業の開始時期 令和3年9月~準備期間  令和4年春頃~グランドオープン 

 

■主たる事業内容

①未来型施設栽培農業ハウスの研究開発

②農業用環境制御機器(遠隔監視&制御装置)の研究開発

③スマート農機(ロボットトラクターや自動収穫機等)の研究開発

④ドローン(空中・水中)の研究開発

⑤AI・VRを活用した農業分野におけるプラットフォームの研究開発

⑥上記全てに関わるスクール・教育事業(著名農家や技術者の招へいも含む)

⑦設備全体を利用した見学者の受け入れ事業

⑧地域と連携した農業と観光の実践

⑨再生可能エネルギー活用型の電源(太陽光発電+蓄電池)の研究開発

⑩上記全般に関わるコンサルティング事業

 

■主たる事業外活動

①災害時の緊急避難所としての機能を保持し、地域への貢献を行います。

②選挙時の投票所としての機能を保持し、これまで通りの運用を行います。